昭和の面影そのままの食堂 青梅市・森万のTOKYO X カツ丼

青梅市・森万のTOKYO X カツ丼

東京都青梅市の東青梅駅近くに、「森万」という食堂があります。

食堂は外装も内装も「昭和」の面影そのままです。

店主の80代後半と思しき女性に訊くと、店を開いてから50年になると言います。

おそらく、50年間一度も改装も模様替えもしていないのでは、と思えるほど、古い昭和の時代の雰囲気そのままです。

青梅市・森万そば

店主というより、「曾祖母」のような彼女は、向かいの空いている席に座り、昔のこと、お客さんのことなどいろいろ語ってくれました。

幼少期、こんな雰囲気でよく曾祖母と話をしたなぁ、と思い出しました。

お店は、そばとカツ丼が人気メニューで、カツ丼には、TOKYO Xというブランドの豚を使っています。
普通の青梅豚のカツ丼が850円に対して、TOKYO X カツ丼は1,500円とかなり差がありますが、ぜひ食べておきたいところです。

※青梅市 「森万」 

神戸市三宮「Red Rock」 迫力かつ格安のローストビーフ丼 | Home | 槍ヶ岳 厳冬期の槍ヶ岳の空撮

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する