神戸市三宮「Red Rock」 迫力かつ格安のローストビーフ丼

神戸市三宮・Red Rock ローストビーフ丼

神戸市中央区・三宮駅高架下にあるレッドロックは、ローストビーフ丼とステーキ丼が有名なお店です。

特に写真のローストビーフ丼は、迫力ある盛り付けで、並盛が850円、大盛りでも1,100円と格安で、ほとんどの客が注文する逸品です。
三宮本店は昼休みもなく、通しで営業していますが、午後3時や4時の時間帯でもひっきりなしにビジネスマンや観光客、カップルが訪れます。
カウンターがメインで忙しなく長居ができるところではありませんが、神戸牛とはまた違った魅力を格安で味わえます。

個人的には、神戸空港に行く際に、JR三宮駅からポートライナー三宮駅(神戸新交通)に乗り換えるときによく立ち寄るお店です。

※Red Rock 三宮本店 ★★★☆☆

昭和の面影そのままの食堂 青梅市・森万のTOKYO X カツ丼

青梅市・森万のTOKYO X カツ丼

東京都青梅市の東青梅駅近くに、「森万」という食堂があります。

食堂は外装も内装も「昭和」の面影そのままです。

店主の80代後半と思しき女性に訊くと、店を開いてから50年になると言います。

おそらく、50年間一度も改装も模様替えもしていないのでは、と思えるほど、古い昭和の時代の雰囲気そのままです。

青梅市・森万そば

店主というより、「曾祖母」のような彼女は、向かいの空いている席に座り、昔のこと、お客さんのことなどいろいろ語ってくれました。

幼少期、こんな雰囲気でよく曾祖母と話をしたなぁ、と思い出しました。

お店は、そばとカツ丼が人気メニューで、カツ丼には、TOKYO Xというブランドの豚を使っています。
普通の青梅豚のカツ丼が850円に対して、TOKYO X カツ丼は1,500円とかなり差がありますが、ぜひ食べておきたいところです。

※青梅市 「森万」 

槍ヶ岳 厳冬期の槍ヶ岳の空撮

槍ヶ岳・厳冬期の空撮

昨年8月からの日本アルプスの空撮がひと段落しました。

温暖化の影響か、毎日天気図を見ていてもなかなか雪が降らず、雪山を撮影できるようになったのは1月に入ってからでした。

雪の中山道の宿場町や忍野からの富士山も撮影したかったのですが、今季は結局まとまった雪が降らず、雪に埋もれる昔の写真が嘘のようです。

かつて豪雪地帯だった中部や北陸、南東北の都市部では、もう雪景色は見られないかもしれません。
年に1~2回、どっと積もったとしても、気温が高いので、日の出とともに消えてしまいます。
そして、あと20年もすれば、北東北や北海道でも雪景色は珍しい現象になるかもしれません。

100年で1~2度の気温上昇ならば大したことがないような気もしますが、現実には、雪景色や珊瑚礁、紅葉など、多くの景色や景観が失われていくことでしょう。
とりあえず、日本の原風景を記録していきたいと思います。

☆。.。・゜☆。.。・゜☆。.。・゜☆。.。・゜☆。.。・゜


※槍ヶ岳(中央) セスナ機より空撮

天を突くような槍ヶ岳と荒々しい岩壁の穂高岳は、日本の好きな山ランキングで毎年1、2位を争う山です。

銀山温泉 厳冬期の雪明かりの夜景

銀山温泉・冬の雪夜景

山形県尾花沢市にある銀山温泉は、テレビドラマ「おしん」の舞台になったり、一部では「千と千尋の神隠し」のモデルではないかといわれています。

温泉街自体はこじんまりとしていますが、大正時代に建築された木造三層、四層の旅館群が銀山川を挟んで両側に並ぶさまは圧巻です。

日本全国に木造三階建ての旅館はいくつかありますが、これだけ良い状態でいくつも保存されている地域は日本でここだけです。

いつの季節もよいですが、冬の豪雪期に囲まれた温泉街はひときわ美しく、2月はどこの宿も繁忙期で宿泊予約を撮ることが難しい状態です。

積雪地域は冬の集客に難儀するものですが、雪を逆手にとった新しい観光のかたちを模索してほしいものです。

※山形県尾花沢市・銀山温泉

札幌市・狸小路のカレー屋さん ブルックスカレー食堂

ブルックスカレー食堂

札幌市の大通近くに狸小路という昔ながらのアーケード商店街があります。
その狸小路5丁目に、道産食彩HUG(ハグ)という小さな飲食店街があり、現在11店舗から道産食材を味わうことができます。


各店数席ほどの座席のほかに共用スペースもあり、一人から4人くらいまでの利用なら、いろいろな店舗の料理を同じテーブルで囲むことができ、楽しめそうです。

ブルックスカレー食堂は、札幌産のたまねぎ「札幌黄」を利用しており、カレー1杯に札幌黄がひとつ入っているそうです。

普通のカレーとスープカレー数種から選ぶことができ、甘味のあるカレーを味わうことができます。

クチコミサイトでの評価は高めですが、特別な味ではないものの、誰にでも食べやすい味かと思います。

店員の応対は札幌らしく、あまり期待できるものではありませんが、小さなフードコートのようなスペースですので、ホスピタリティを求めるところではありません。

カレー屋さんのほかにも、ジンギスカン、おでん、焼き鳥、豚丼、韓国料理、海鮮料理などさまざまな店舗がありますので、数人で好きなお店のメニューを注文したらおもしろいでしょう。

※札幌市 「温故知新 ブルックスカレー食堂 狸小路店」 ★★★☆☆