FC2ブログ

原藤由衣さん、カラオケバトル優勝おめでとうございます!!!

原藤由衣

たったいまテレビ放送中の「THEカラオケバトル」で北海道旭川市の原藤由衣さんが優勝しました!!
おめでとうございます!!!

さきほどまで一緒に打合せをしており、明日のトーク&ライブ講演会に講師として招待しています。

旭川が、北海道が誇る、心奪われる奇跡の歌声に酔いしれること確実です。

お問い合わせは当職まで、facebook、LINE、Instagramで。
上記ご利用になれない場合に限り、090-8374-3210(明日11時から15時まで限定。本日は受付終了です)まで。
日時は21日(木)午後6時30分から観覧料1,000円で、会場はお問い合わせください。

撮影:春日崇志

原藤由衣さんの奇跡の歌声を旭川で!(テレビ東京「THEカラオケバトル」出場者)

原藤由衣(はらふじゆい)

テレビ東京系列「THEカラオケバトル」に毎回出場し、番組内のカラオケ採点機で毎回99点台の奇跡の歌声を披露している北海道旭川市在住の17歳、原藤由衣(はらふじゆい)さんを招待して、2月21日(木)に星野リゾートOMO7でトーク&ミニコンサートを開催することとなりました。

一般社団法人北海道中小企業家同友会道北あさひかわ支部青年部あらぐさ会の主催で、例会講師担当の私、春日崇志が原藤由衣さんご本人をお迎えして、素晴らしい美声をお持ちの「由衣先生」の魅力をみなさまへお届けします。

同友会会員のほか、一般の方でご興味をお持ちの方も、会場費1,000円のご負担でご参加いただけます。
会員以外で参加ご希望の方は、当方へ最初に「原藤由衣さんの件で」とお伝えになり下記すべてにご同意いただいたうえでお問い合わせください。
※お問い合わせ時間以外のお電話はご遠慮ください。
※春日崇志のfacebook LINE Instagramでのお申し込みも承ります(本名・参加人数を明記してください)。

日時:2月21日(木)午後6時30分より(なるべく遅刻・途中退席はご遠慮ください)
会場:星野リゾートOMO7
参加費用:1,000円
問い合わせ先 : 090-8374-3210(春日)
※同友会会員は、同友会事務局へお申し込みください。
受付時間 : 午前11時から午後7時まで(受付時間厳守のこと。土日祝日を含む)
受付期間 : 2月21日(木)午後4時まで(早期終了する場合があります)

ホテルの場所、会場のお問い合わせはホテルへ直接お問い合わせください。
一般の方のご参加の場合は、立ち見となることがございますので、あらかじめご了承ください。

会場内では、携帯電話やスマホの電源を必ずお切りください(マナーモードは不可)。シャッター音、通知音、AF合焦音などは鳴らないよう設定してください。講演中に鳴った場合にはただちにご退席いただきますのでご了承ください。途中入場・退席は曲と曲の合間にお願いします。

風邪やインフルエンザの症状が疑われる方、お子様(乳幼児)連れの方は参加をご遠慮ください。

みなさまのお越しをお待ちしております。

格別の色彩で演出する東北地方の紅葉

秋田県の紅葉

これまで全国各地、世界各地をセスナ機やヘリコプターで空撮してきましたが、やはり東北地方の紅葉の彩りは格別です。

世界各国のどの国よりも、植生や樹種が豊かで、気候変動が大きいことも、美しい山々と美しい色彩をつくりあげている要因でしょう。

ただ、近年は温暖化による乾燥や小雪、大型台風の増加等により、鮮やかな紅葉が見られない年も多くなっており、いずれは雪景色とともに紅葉の風景も去りゆく日本の風景となってしまうのかもしれません。

紅葉の岩手山と網張温泉

岩手山の麓から眺める牧場の紅葉も美しい。

秋田駒ヶ岳の紅葉

秋田駒ヶ岳の山麓はブナの森に覆われ、見渡す限りオレンジ色に染まる。

錦秋の葛根田渓谷

岩手県・葛根田渓谷は地熱発電所があり、温泉も湧く、自然の恵みを体感できるところ。

銀山温泉の夜景、積雪期は格別の趣となる大正浪漫の絶景

積雪期の銀山温泉の夜景・夕景

銀山温泉・大正ロマンの夜景

山形県・銀山温泉は、やはり積雪期が格別の趣があります。

大正末期から昭和初期に建てられた木造三層四層の旅館が立ち並ぶ国内随一の景観です。

大正浪漫溢れる温泉街をそぞろ歩けば、ガス灯が優しく道を照らし、雪明かりの幻想的な風情に厳しい寒さも忘れてしまいそうです。

オホーツク海・サロマ湖の海鮮石焼

サロマ湖の海鮮石焼

今年の大雪山の紅葉は「今世紀最高」の色づきで、17日にセスナ機で飛んだときの空撮写真が、時事通信社により配信され、今朝もTBSテレビで放映されました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000016-jijp-soci.view-000

大雪山は自宅から見えますが、空港は車で3時間以上離れた女満別空港です。
オホーツク海、サロマ湖に近く、佐呂間町の海鮮居酒屋に立ち寄りました。

頼んだ料理のひとつ「海鮮石焼」は、炙り焼した刺身類を石焼にしたもので、酢飯ではない普通のごはんにコツジャン風の甘辛いたれと卵が絶妙に組み合わさり、絶妙な美味しさを演出しています。

海側はどうしても海鮮丼ばかりになりますが、アイデアひとつでこんな美味しい料理が創作できるのだと感じました。

オホーツク海の海鮮石焼



※「さろま海幸」(佐呂間町) 海鮮石焼 ★★★★★